人が続かない職場を辞めたい時の対処法【人の出入りが激しい職場で働くデメリット】

職場の悩み
人が続かない職場で働いています。
慢性的な人手不足で、
体力的にも精神的にもきつくて仕事を辞めたいです。

こんなお悩みに答えます。

人が続かない職場ってありますよね。

新人が入っては辞めるを繰り返していると、

従業員の負担が増えて、労働環境も過酷になりがち。

人が何人辞めようが、変わりそうにない環境…

あなたは、こんな状態をこの先何十年も続けることができますか?

でも本当に辛い状況なのは分かります。

私も離職率の高い職場で働いて同じような悩みを抱えながら、

何とかこの状況を抜け出す方法はないかと考えたことがあります。

そこで本記事では、

✔人が続かない職場の特徴
✔人の出入りが激しい職場で働くデメリット
✔人が続かない職場を辞めたい時の対処法

について解説します。

この記事をを読むことで、

人が続かない職場で仕事を続けるべきかが分かるので、

ぜひ、最後まで読んでみてください。

【体験談】人が続かない職場には理由がある?人が続かない職場の特徴とは?

人が続かない職場にはそれなりの理由がありますよね。

私がかつて働いていた離職率の高い職場で共通していたことは、

人間関係がうまくいっていない」という問題です。

✔パワハラ・いじめがある
✔トラブルメーカーがいる
✔人間関係のいざこざが絶えない

多少、労働環境に問題あっても

「人間関係が良ければ辞めなかった」

という人もいますよね。

しかし、人が続かない職場は、

人間関係に問題のあるケースが多いです。

例えば、

マイルールを押し付けててくる上司がいる
新人をいじめて辞めさせるお局がいる
いつも高圧的な態度をとる上司がいる

こういった社員が一人でもいると、職場は雰囲気は悪くなります。

良い人材・新人が何人辞めようが、お構いなし。

問題のある社員を誰も注意することができないので、

同じ理由で人が辞めても、状況が変わることはありません。

その他にも、

ハラスメントが多発している
評価が正しくされていない
教育制度が整っていない
労働時間が長い
休日が少ない
ノルマがある
給料が安い

なども理由にあげられます。

人が続かないげ職場は、

原因が1つではなく、何重にも重なっている可能性があるので、

精神的にも肉体的にも追い込まれやすいです。

人の出入りが激しい職場で働くデメリット

人の出入りが激しい職場で働くデメリットについて解説していきますね。

人の出入りが激しい職場で働くデメリット①業績が悪化する

人の出入りが激しい職場は、

業績が悪化するデメリットがあります。

退職によって人が出入りすることで、

サービスの低下を招いたり、業務も停滞しがち。

会社の収益を圧迫します。

人の出入りが激しい職場で働くデメリット②仕事のモチベーションが保ちにくい

人の出入りが激しい職場は、仕事のモチベーションが保ちにくいといった

デメリットがあります。

なぜなら、人手不足が慢性化していると本来の自分の担当以外の仕事を任せられることが多くなるので、自分のキャリアを築くことに集中しにくくなるからです。

辞めた人のカバーばかりに追われて1日が終わるとなると、

仕事のやりがいも感じなくなります。

人の出入りが激しい職場で働くデメリット③メンタルや体調を崩すリスクがある

人の出入りの激し職場のデメリット3つ目は、

肉体と精神の限界がきやすいです。

✔人間関係に問題がある
✔労働環境が過酷

この問題は、

精神的にも肉体的にも辛くなりやすいです。

人手不足をカバーし無理して残業を繰り返した結果、

体調を崩してしまった。

病院通いで少ない残業代がパーになり、何のために

働いているのか分からなくなるなんてことにも。

転職活動にも影響が

体調を崩してしまうと、回復した後の転職活動にまで影響が出てきます。

転職先は、メンタルをこわして休職した人を避ける傾向が強いです。

人の出入りが激しいことが原因で、体調を崩してしまうと、

これから先のキャリア形成にもリスクを背負うことになりかねません。

体調を崩してからでは、遅いです。

仕事だけではなく、

その後の人生やプライベートのも影響してくる問題になります。

体調を崩すリスクを背負ってまで、

人の続かない職場で頑張る必要はありません。

人が続かない職場は辞めた方がいい?優秀な人ほど見切りをつけて転職していく

人が続かない職場は自分も辞めた方がいいのでしょうか?

結論:会社が変わらないなら、辞める方向で検討するべきです。
なぜなら、会社の改善がない限り、衰退していく可能性があるからです。

今の状況を冷静に判断して、

よくない事態に巻き込まれる前に、

早めは早めに手を打っておく方が良さそうですよね。

優秀な人な人ほど見切りをつけて転職していく

優秀な人材ほど、今の職場に未来がないことに気づいて、行動に移します。

将来性のないと思う職場に執着する必要もないからです。

「いい人が突然辞めてしまった!」

何てこともよくある話ですよね。

真面目な人は、

会社では本音を言わず…淡々と仕事をしながらも、

状況をみながら、自分のやってみたかった仕事に挑戦する準備をすすめている

可能性がありますよね。

【脱出準備】人が続かない職場を辞めたい時のやるべきこと

人が続かない職場を辞めたいと思ったら、

まずは、「自分は転職が可能かどうか?」を確かめてみましょう。

優良な転職エージェントに相談すれば、

20~30分で今の状況をつかむことができますよ。

転職サービスで今の状況を確認してみる

転職エージェントは、

プロのキャリアアドバイザーが客観的な視点から、

「今、自分は転職すべきだろうか」といった悩みや転職に関しての悩みを

プロの目線でアドバイスをもらうことができるサービスです。

その他にも、

✔提出書類の添削
✔希望にあう求人を紹介してもらえる
✔面接サポート
✔入社日・年収など条件の交渉

など、転職活動全般のサポートをすべて完全無料で行ってくれます。

他では手に入らないような求人に出会えたり、

就職活動の不安もその都度、

相談することがでるのも転職エージェントを利用するメリットになります。

すぐに転職する予定がない方でも、

今の状況を相談するだけでも利用はできます。

ここで、登録して間違いのない転職エージェントとして有名な

リクルートエージェント 」を紹介しておきますね。

人気・実績・求人数No.1 リクルートエージェント

リクルートエージェント人気の理由
①保有求人数&転職支援実績No.1
②様々な業種・業界に対応している
③書類作成や面接対策のサポートが厚い
リクルートエージェント は、国内で最も転職支援実績のあるエージェント。
転職した人の半年以内の退職率は4%というデーターもあります。
書類作成や面接対策のサポートが厚いだけではなく、
・社風
・男女比
・パワハラの有無
・働いている人の雰囲気
求人には載っていない転職先の詳しい情報も知ることができます。
リクルートエージェント に登録することで、
自分に合った職場で働ける確率はぐんと上がるはずです。
転職するなら失敗したくないあなたは、
まず、登録しておいて損はない転職エージェントです。
タイトルとURLをコピーしました