南大門

平安時代の応和2年(962年)8月に台風で倒壊後、鎌倉時代の正治元年(1199年)に復興されたもの。
東大寺中興の祖である俊乗坊重源が中国・宋から伝えた建築様式といわれる大仏様(だいぶつよう、天竺様・てんじくようともいう)を採用した建築として著名である。
大仏様の特色は、貫と呼ばれる、柱を貫通する水平材を多用して構造を堅固にしていること、天井を張らずに構造材をそのまま見せて装飾としていることなどが挙げられる。南大門は、見上げて見ると、その醍醐味が堪能できるらしい!
門内左右には金剛力士(仁王)像と石造獅子1対(重文)を安置する。
1層目の屋根の上には「大華厳寺」と書かれた扁額が掲げられている。これは古い記録にそのような扁額があったと書かれていたことに基づき、2006年10月10日に行われた「重源上人八百年御遠忌法要」に合わせて新調されたものだそうである。 直径1m、高さ24mの円柱が18本林立している。
天平創建時の門は平安時代に大風で倒壊した。現在の門は鎌倉時代、東大寺を復興した重源上人(ちょうげんしょうにん)が再建したもので、今はない鎌倉再建の大仏殿の威容を偲ばせる貴重な遺構である。

おきにいり

木造金剛力士立像(国宝)

高さ8.4メートルの巨大な木像。門の向かって右に吽形(うんぎょう、口を閉じた像)、左に阿形(あぎょう、口を開いた像)を安置する。これは一般的な仁王像の安置方法とは左右逆である。
阿形は宇宙の始まりを表し、吽形は宇宙の完成を表すともいわれている。
1988年から1993年にかけて造像以来初めての解体修理が実施され、像内からは多数の納入品や墨書が発見された。それによって、吽形像は運慶作で、阿形像は快慶作というこれまでの常識が、阿形像は大仏師運慶および快慶が小仏師13人を率いて造り、吽形像は大仏師定覚および湛慶が小仏師12人と共に造ったものであると、覆され、運慶が制作現場全体の総指揮に当たっていたとみて大過ないといわれるようになった。
ほかにも、運慶によって、わずか69日間で完成させたというエピソードもあるとか・・。

おすすめ情報

知識を深めよう!

おすすめ!