東大寺大仏

大仏の正式名称は『盧舎那仏(るしゃなぶつ)』。 大仏殿の正式名称は『東大寺金堂』。 聖武天皇が天平15年(743年)に造像が発願され、天平17年(745年)に制作が開始、天平勝宝4年(752年)に開眼供養会(かいげんくようえ)が行われた。開眼供養会とは、「魂入れの儀式」のことである。 この、開眼供養会には、聖武太上天皇(既に譲位していた)、光明皇太后、孝謙天皇を初めとする要人が列席し、参列者は1万数千人に及んだという。開眼導師はインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)が担当した。 大仏本体の鋳造は基本的には完了していたが、細部の仕上げ、鍍金、光背の制作などは未完了であり、大仏殿も建物自体は完成していたが、内部の仕上げは未完成であったといわれている。 大仏が2度の大火で焼失していることは、有名ではあるが、時代は治承4年(1180年)と永禄10年(1567年)といわれている。その都度再興され、現存の大仏は頭部が江戸時代、体部は一部を除き、鎌倉時代の補修であるとされている。 台座の蓮弁(蓮の花弁)に線刻された、華厳経の世界観を表す画像は天平時代のものであり、貴重な造形遺品である。 現存の大仏像の大きさは高さ約14.7メートル、基壇の周囲70メートル。 大仏殿は、東西57.5メートル、奥行50.5メートル、棟までの高さ49.1メートル。 幅は創建当時、今よりも大きく、約86メートルあったといわれている。

おきにいり

「盧舎那仏」とは

「盧舎那仏」とは、華厳経に説かれる仏である。 「華厳経」とは、西暦400年前後に中央アジアで成立し、中国経由で日本へもたらされた仏教経典で、奈良時代には60巻本と80巻本がもたらされた。 華厳経に説く「蓮華蔵世界」の中心的存在が、盧舎那仏であるとされている。 天平時代の日本は、当時の政治の中枢にいた藤原武智麻呂・房前(ふささき)・宇合(うまかい)・麻呂の四兄弟が、天然痘(疫病)で相次いでこの世を去ったり、かんばつや飢饉が続いたり、天平6年には大地震があったりと、社会的に不安定な時代でもあった。このような、社会的不安を払拭し、安定した国づくりのためにとの願いが、大仏造立の背景にはあったようである。

おすすめ情報

知識を深めよう!

おすすめ!